インテリアのプロになるためにしっかり学べる専門学校を探そう

勉強道具

アレンジしよう

花

フラワーアレンジの歴史。

普段生活の中で、いろいろなところで飾られているフラワーアレンジメント。今では普通に飾られている花ですが、フラワーアレンジメントの歴史はいつからなのでしょう。その歴史は古く、エジプト時代にさかのぼります。エジプトでは装飾品として使われ、花を編み込んだ花冠、花束など捧げ物として用いられています。ギリシャ時代では、勝負に勝った物やリーダーなど花冠を受けていたようです。そして、ルネッサンス時代にフラワーアレンジメントはヨーロッパに広まります。大理石などでできたコンテナなどにアレンジしたり、庶民の間ではシンプルなフラワーアレンジが飾られていたようです。日本では、平安時代に花を挿す生け花が始まります。生け花が室町時代では華道と言われるようになります。フラワーアレンジメントが日本に伝わったのは、アメリカ人によるものです。そして、ヨーロピアンデザインになったのは、1981年イギリスとの交流が始まったからです。

これからのフラワーアレンジメント。

フラワーアレンジメントと言っても、今では切り花だけではなく、生花を加工したプリザーブドフラワーなど、いろいろな花材でアレンジされています。家に生花がなくても、シルクフラワー、造花などのフラワーアレンジメントはどこかに飾られていると思います。このように特別な日やプレゼントで頂くだけじゃなく、普段の何気ない日常に私たちの目を楽しませてくれています。今は、フラワーアレンジメントの教室なども増えていますし、ショッピングモールなどでは簡単にアレンジを教えてくれたりしています。今まで、お花を頂いても、お花をアレンジしてみたいけどと、アレンジって難しいと思っていた人でも、気軽にフラワーアレンジメントを楽しめるようになると思います。そして、変わらず人の目を心を癒してくれると思います。